自己破産で気をつけること

自己破産、と一口で言っても裁判所に申し立てをするには手続きが必要になります。もちろん一人でもできるのですが、債権者、つまり金融業者などに借り入れの書類など、申し立てに必要な書類を請求しなければなりませんが、これを個人でやるには手間がかかります。たいていの場合は平日に動かなければなりませんので、仕事を休んで業者や裁判所に出向く必要があります。しかも一回ではなかなか済みませんので何回も休めるかというと現実的には無理がありますよね。また交通費なども馬鹿にはなりません。また、業者は金融のプロ、こちらは素人。どうしても「言いくるめられる」ことにもなりかねません。

そんなときにはぜひ弁護士に依頼することをおすすめします。弁護士は法律のプロ。個人に代わって一切の手続きを行ってくれるので、手間や経済的な負担も最小限で自己破産の申し立てができます。弁護士に依頼すると費用が心配という方もいるでしょう。当事者としてはお金に困っているから自己破産しようとしているわけですから。現在はほとんどの弁護士が費用は分割払いを可能にしていますのでネットなどで確認して依頼するのもいいでしょう。
借金で悩んだら弁護士へ相談してみることをお勧めします。