自己破産のデメリット

自己破産について不安に思う方もいらっしゃるでしょうが、確かにデメリットは存在します。しかし単に不安がるだけではなく、デメリットをしっかり把握してとるべき行動をきちんとすれば普通の生活が送れるので、きちんと自己破産のデメリットについて向き合いましょう。

第一に自己破産をすると一定期間新たな借り入れができなくなります。いわゆるブラックリストと呼ばれている信用情報機関に登録されてしまうからです。最短でも5年間は借金ができないので気をつけてください。また、当然のことですが、所有していた財産も手放すことになります。持ち家にお住まいの場合は、引越しも余儀なくされるので転居先を探しておかなければいけません。さらに、自己破産すると政府の機関紙「官報」に氏名が掲載されます。これは一般の人はほとんど目にすることはないので心配することはありません。

自己破産するとしてもまず申告をしなければなりません。これを「申し立て」といいます。自己破産により借金が帳消しになることを免責といいますが、裁判所が免責決定をするまでは自己破産したことにはなりません。ただし、借金の返済を止めることはできます。また免責が決定するまでは一部の公的な仕事などにはつけないこともあります。

総じて、自己破産に伴う制限はあるものの、周りの人に知られることはほとんどないので、日常生活は普通にできます。